イベントの案内

クラウドファンディング【大阪城トライアスロン大会スイムコース水質改善プロジェクト】

クラウドファンディング
大阪城トライアスロン大会スイムコース水質改善プロジェクト

2021年には大阪城トライアスロンを世界大会にすること目指し、世界中のトライアスリートや観光客を増やし、前回は10万人と発表された観客動員数を、20万人、30万人へと更に増やし、大阪城から大阪を世界にアピールしていきます!
そして、日本を代表する観光都市に成長することで、大阪の経済発展につなげたい!!
そのためにはお濠の水をもっと綺麗にし、大阪城トライアスロンで快適に泳いでもらいたい!
今回ご支援していただく皆さんは、大阪城をこよなく愛する人達、つまり「OSAKA CASTLE LOVERS」として、大阪城公園の美化と発展を求め活動していければと思います。

クラウドファンディング詳細はこちら

2020年2月20日

第66回エコデザインセミナー

【海シリーズ第1弾  宮津の魚 と 海の未来】

日時 令和2年2月14日(金)15:00~17:00
会場 おおさかATCグリーンエコプラザ セミナールーム
大阪市住之江区南港北2-1-10 ATCビルITM棟11階
定員 80名(先着順)
参加費 無料
お申込み NPO法人エコデザインネットワーク
     info@eco-design.net

【プログラム】
「獲るだけでなく育てる海」を目指して
  ~宮津湾のとにかく美味しい魚介を届けたい~
   宮津漁師 本藤 靖 氏

対談 「宮津の魚と海の未来」
   宮津漁師 本藤靖 氏 × デザイナー 村田智明氏(ハーズ実験デザイン研究所)

本来海がある限り、漁業は持続可能な産業です。しかし、現在海をとりまく環境は、海洋プラスチック問題、地域によっては富栄養化や貧栄養化となる水質問題、持続可能なサイクルをはるかに超える速さで漁業が行われているところもあり、持続可能な海の未来を考えることが喫緊の課題となっております。そこで、海の問題をテーマに2月から4月にかけて連続してシンポジウムを企画いたします。
その第1弾として、京都府北部 天橋立を臨む「宮津湾」、外洋に比べ餌が豊富で様々な生物が生息する非常に穏やかで豊かな漁場にスポットを当て、元水産総合研究所の研究者という経歴をもち、魚の生態に関する豊富な知識と熟練の勘、知的な戦略をもって日々漁をされているスーパー漁師 本藤靖氏をお招きし、宮津湾の現状と課題についてご紹介いただきます。
 後半は対談形式で、「行為のデザイン思考法」(人の行動に着目し、改善点を見つけてより良く、新しい形を見つけていくデザインマネジメント)に基づいて地域振興プロデュース業務にも数多く携わった経験を持つデザイナー村田智明氏(ハーズ実験デザイン研究所)と本藤靖氏、異なる分野で活躍するお2人に「宮津の魚と海の未来」について熱く語っていただきます。

2020年1月14日

第65回エコデザインセミナー

【自然豊かな魅力ある水辺環境の実現に向けて ~水質浄化の技術と事例から学ぶ2~】

日時 令和元年5月23日(木)15:00~17:00
会場 おおさかATCグリーンエコプラザ セミナールーム
大阪市住之江区南港北2-1-10 ATCビルITM棟11階
定員 80名(先着順)
参加費 無料
お申込み NPO法人エコデザインネットワーク
     info@eco-design.net

【プログラム】
「気候変動が琵琶湖の成層構造に及ぼす影響」
近藤 明 氏 (大阪大学大学院環境・エネルギー工学専攻 教授)

技術紹介①
「ウェッジワイヤースクリーンによる水質浄化事例」
阿部昌明氏 (東洋スクリ-ン工業株式会社)

技術紹介②
「微生物を生かした水質浄化事例」
森下新太 氏 (株式会社大阪生物環境科学研究所)

【内容】
各地の川・池・ダム・堀などは、水質汚濁が進み、富栄養化が進んだ場所においてアオコが大発生し水面を覆い尽くすほどになったり、汚泥による悪臭、魚類など多様な生きもののすみかとなる植生帯は激減し、さらには、外来生物の増加がめだつようになり、在来の生きものが減少し、姿を消しはじめた動植物もあります。
そういった中、NPOエコデザインネットワークは、昨年6月に開催された大阪城トライアスロン大会のスイムコースである大阪城東外濠の水質改善を行い、トライアスロンの実施環境を良好にすることを目的とした実証試験や天橋立によって日本海の宮津湾から仕切られてできた内海である阿蘇海で汚泥減容実験を行いました。
今回の講演会では、基調講演に大阪大学の近藤先生をお招きして、気候変動が琵琶湖の成層構造に及ぼす影響について紹介いただき、自然豊かな魅力ある水辺環境の実現に向けて何をするべきか考えたいと思います。

2019年5月7日

第64回エコデザインセミナー

【自然豊かな魅力ある水辺環境の実現に向けて ~水質浄化の技術と事例から学ぶ~】

日時 平成30年11月27日(火) 14:00~16:30
会場 おおさかATCグリーンエコプラザ セミナールーム
大阪市住之江区南港北2-1-10 ATCビルITM棟11階
定員 100名(先着順)
参加費 無料
お申込み NPO法人エコデザインネットワーク
     info@eco-design.net

【プログラム】
「水域浄化のpassive systemとしての植生浄化法」
 池 道彦 氏 (大阪大学大学院環境・エネルギー工学専攻 教授)

「マイクロナノバブルによるヘドロ減容実証試験事例」
 岸本 哲夫 氏(株式会社ポエマ 代表取締役)

「大阪城東外濠水質改善実証実験2017-2020」
 -大阪城トライアスロン大会ワールドカップ2020をめざして
 -マイクロバブルを中心とする自然治癒能力の向上の試み
 池上 俊郎 氏 (NPO法人エコデザインネットワーク 理事長)

【内容】
各地の川・池・ダム・堀などは、水質汚濁が進み、富栄養化が進んだ場所においてアオコが大発生し水面を覆い尽くすほどになったり、汚泥による悪臭、魚類など多様な生きもののすみかとなる植生帯は激減し、さらには、外来生物の増加がめだつようになり、在来の生きものが減少し、姿を消しはじめた動植物もあります。
そういった中、NPOエコデザインネットワークは、今年6月に開催された大阪城トライアスロン大会のスイムコースである大阪城東外濠の水質改善を行い、トライアスロンの実施環境を良好にすることを目的とした実証試験を行いました。
今回の講演会では、基調講演に大阪大学の池先生をお招きして、水生植物を用いた水域の直接浄化技術について紹介いただき、自然豊かな魅力ある水辺環境の実現に向けて何をするべきか考えたいと思います。

2018年9月6日

グリーン購入の最前線

【グリーン購入の最前線】

日時 平成30年1月17日(水) 14:00~16:30
会場 おおさかATCグリーンエコプラザ セミナールーム
大阪市住之江区南港北2-1-10 ATCビルITM棟11階
定員 80名(先着順)
参加費 無料

【プログラム】
「グリーン購入法と持続可能な社会構築に向けた役割」
環境省 大臣官房 環境経済課 課長補佐 荒木 肇 氏

「グリーン購入におけるエコマークの活用」
公益財団法人 日本環境協会 エコマーク事務局 普及・国際協力課長 藤崎隆志 氏

「グリーン購入に活用できるグリーンプリンティング認定制度」
一般社団法人日本印刷産業連合会 GP推進部 部長 殖栗正雄 氏

「持続可能な開発目標(SDGs)とグリーン購入SCPチャレンジプログラムの構築」
グリーン購入ネットワーク 事務局長 深津学治 氏

【内容】

大量生産・大量消費の社会システムを前提とした人間の社会活動そのものが今、地球環境の破壊・汚染をもたらし、深刻な影響を及ぼしていることを多くの人々が認識し始めています。地球本来の恵み豊かな環境を将来の世代に引き継いでいくため、私たちは、当たり前ととらえがちな生活様式や事業活動を見直し、より環境負荷の少ない、持続可能な循環型社会にしていく責務を負っています。

このような背景を踏まえ、本講演会では、環境への負荷が小さい製品やサービスの優先的に購入する「グリーン購入」の最新動向を発表いただきます。

お申込みはこちら

2017年12月20日