イベントの案内

第62回エコデザインセミナーのご案内

【古民家再生とエコデザイン~ストック活用による成熟社会の創生~】

鈴木 克彦 氏(京都工芸繊維大学大学院 教授)

主催:NPO法人エコデザインネットワーク、おおさかATCグリーンエコプラザ実行委員会

 

人口減少・高齢化の進行により空き家問題が深刻化するなか、古民家再生が地域コミュニティの再生や観光振興等に資するとして注目されています。このたび、京都工芸繊維大学と洲本市との域学連携活動として取り組まれた古民家再生プロジェクト「未来をはぐくむ古民家『ついどはん』」が、一般社団法人全国古民家再生協会第7回全国会員大会において「第4回再築大賞」の最優秀賞(林野庁長官賞)を受賞しました。このプロジェクトを紹介しながら成熟社会におけるエコデザインのあり方について京都工芸繊維大学の鈴木先生に発表いただきます。

 

*未来をはぐくむ古民家『ついどはん』
洲本市に寄付された築100年を超える古民家を、建築学を学ぶ大学生が設計から施工まで携わって再築しました。
地元の建築設計士、工務店、職人さんにご指導いただきながら母屋、長屋門、蔵を1年半かけてリノベーションしました。
母屋は様々な用途で活用できるよう、使い勝手のフレキシブルさを意識して設計を行いました。また「里床」と名付けたウッドデッキを新設し、のどかな里の風景を眺めることができます。牛舎や納屋として使われていた長屋門は、宿泊が可能な施設に改修しました。
日  時  平成29年5月30日(火) 15:30~16:30
会  場  おおさかATCグリーンエコプラザ セミナールーム ( ATCビルITM棟11階)
定  員  80名(先着順)
参 加  費  無 料

【ご登録はこちら】

ご記入いただいた個人情報は、主催者において今回のセミナーにかかる事務処理、今後のセミナー等のご案内以外には利用いたしません。また、承諾なく第三者に提供することはありません。

2017年4月28日

グリーン購入・エシカル購入の最前線

※本セミナーは終了いたしました。
■日程:
2017年1月31日(火) 14:30~16:50 

■セミナー情報
大量生産・大量消費の社会システムを前提とした人間の社会活動そのものが今、地球環境の破壊・汚染をもたらし、深刻な影響を及ぼしていることを多くの人々が認識し始めています。地球本来の恵み豊かな環境を将来の世代に引き継いでいくため、私たちは、当たり前ととらえがちな生活様式や事業活動を見直し、より環境負荷の少ない、持続可能な循環型社会にしていく責務を負っています。このような背景を踏まえ、本講演会では、環境への負荷が小さい製品やサービスの優先的購入する「グリーン購入」、環境や社会に配慮した商品を優先的に購入する「エシカル購入」の最新動向を発表いただきます。 

■ プ ロ グ ラ ム ■
14:40~15:20
「グリーン購入で実現する持続可能な消費と生産」
 東京大学大学院 工学系研究科化学システム工学専攻 教授
                     平尾雅彦 氏
15:20~16:00
「エシカル購入の最前線」
 東京大学 名誉教授 山本良一 氏
16:10~16:50
「持続可能な開発目標(SDGs)と
グリーン購入 :環境通信簿(仮称)制度の構築 」
グリーン購入ネットワーク 事務局長 深津学治 氏 

■受講料:
無料

■会場:
セミナールーム(ATCビル ITM棟 11F おおさかATCグリーンエコプラザ内)

■定員:
80名(先着順)

■備考:
■ 主催:
おおさかATCグリーンエコプラザ実行委員会
(大阪市、アジア太平洋トレードセンター株式会社、日本経済新聞社)

■ お問い合わせ:
〒559-0034 大阪市住之江区南港北2丁目1-10 ATCビル ITM棟11F
おおさかATCグリーンエコプラザ セミナー係
06-6615-5272

■ 委託会社:
エコデザインネットワーク

2017年4月5日